FC2ブログ

あじゅんまのひとりごと

韓国ドラマにハマったσ(-_-)の独り言。 ドラマの感想・東方神起・韓国語のことなどを細々と綴ってます。7ヶ月ぶりに戻ってきました(^^;; 相変わらずの不定期更新ですがよろしくお願いします。

05月≪ 06月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2006年06月

背番号の想い

今日はちょっとマジメなお話。

シニアで野球をやっている我が息子Uスケ。
週末からの公式戦を控え、ありがたいことに背番号をもらって帰ってきた。
土曜日まで縫いつけなければならないので、さっきまでせっせとユニフォームの背中にちくちくとやってたんですが。。。
なんとなく少年野球時代の背番号のことを思い出しました。

息子に限らず子どもなりに背番号への想いとかこだわりがあるようで。
たとえば、エースナンバーは「1」とかね。
やっぱり一ケタの数字をもらうといわゆるレギュラーってことになるらしい。
ちなみに、これは全国共通ではないのかもしれないけど、少年野球の場合キャプテンは背番号が「10」なんです。

Uスケは6年生の時この「10」をつけることになりました。
まさかUスケがキャプテンになるとは思ってなかったけど、親は心配、本人はウキウキでした(笑)
ま、そのウキウキも後で粉々に打ち砕かれることになるんですがね

当時10番を縫いつけようと何気なく裏返したら。。。

『平成15年度 ○×☆☆ーズ 主将 ○ △□』と書かれていたんですよ。
Uスケの1年先輩の名前です。
それまで何人もこの背番号をつけていたはずですが、こんなふうに書かれていたのはこれ1行だけ。
Uスケは神妙な顔つきでこれを見てたっけ。。。
私も何十試合も彼らの試合を見てきたので、なんとなくこれを書いた意味はわかるような気がするんですが、野球への熱い想いは伝わってきたっけ。

彼は現在Uスケとは違うシニアチームで活躍しています。
数年後には甲子園でプレーしてるかも。。。



じゃ、Uスケも背番号に名前書いたの?と思われたかもしれませんが、本人はいろいろ考えた結果何も書きませんでした


さっき縫いつけながら思ったことは、現時点で背番号にしがみついてケガも隠してガムシャラにやるより、長い野球人生を見据えて今何を身につけるべきかを学んでほしいなぁ。
(今のところ怪我はしてないけど。。)
指導者や仲間から「このポジションはおまえじゃなきゃ勝てないんだよ」と言われる選手になってほしいものです。


つまらない話にお付き合いいただき、ありがとうございました。
お詫びにケーキでもどうぞ
軽井沢ベイクドチーズケーキ(ホール)
スポンサーサイト




skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!