あじゅんまのひとりごと

韓国ドラマにハマったσ(-_-)の独り言。 ドラマの感想・東方神起・韓国語のことなどを細々と綴ってます。7ヶ月ぶりに戻ってきました(^^;; 相変わらずの不定期更新ですがよろしくお願いします。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!

KARA 2nd JAPAN TOUR 2013 「KARASIA」 Live Viewing

KARAのセカンドツアー最終日のライブビューイングから先ほど帰宅しました。。。。

一言。。。




泣けた。。。(T_T)




KARAのファンクラブにも入っている娘と二人で行ってきたんですが、始まる前からなんだか切なくて。
娘なんか「お母さんどうしよう。。(;´Д`)」とすでにウルウル。

いよいよ始まってオープニング映像のあと、LUPINで5人が出てきた瞬間。。。涙腺崩壊。。。

初っ端からハンカチのお世話になりました(笑)

前半はカッコよくてセクシーなKARAの魅力満載。
それ以降はね。。。とにかく、可愛い(*´ェ`*)

私はイケメンが好きですし、決してそっち側の趣味はないんですが(笑)
とにかくKARAは可愛い。。。めんこくて、しかたない。

ソロコーナーも良かったし、韓国の歌もけっこう入ってて楽しめました。

後半の一人ずつの挨拶ではニコルからだったんだけど、もう話す前から涙で言葉に詰まっちゃって。
他の4人も涙をこらえながら一生懸命話してくれました。
韓国からやってきたファンの人たちにもハングルで話してました。
でも、しっかり歌わなきゃ!という姿も見れて、本当に頑張ってたなぁ。。。←母目線。

「今、贈りたい「ありがとう」」の時にはサプライズもあって、涙腺大崩壊 (┬┬_┬┬)
スタッフからももちろんだけど、会場の皆さんもハングルのボードを掲げてのサプライズにメンバーも涙が止まりません。
それでも歌いきれたのは。。。口パクだから。。。(爆)←バラしちゃった。

この曲の韓国語verの歌詞の영원히 함께해요(永遠に一緒です)と書かれたボードは、メンバーもグッときたことでしょう。。

ハラちゃんの「来年もKARASIA(コンサート)をやりたい」と言った言葉が実現できたらいいなぁ。
できれば、今のメンバーが理想的ですが。。。

全部終わって、アナウンスが流れてもKARAを呼ぶコールが止まらなくて、ダブルアンコールあるか?!と期待してたら。。。
ライブビューイングは終了。。。(-_-;)
その後、地下鉄でツイ見たらダブルアンコールに応えて出てきたそうな。
その様子は。。。DVDで確認するぞ!←買う気マンマン。

なんだかなぁ。。。

KARAが日本デビューする前から好きだったし、東方神起以外で初めて買った韓国のCDはKARAだったから、けっこう思い入れがあるので切ない。。。
結局、『生KARA』を見れないで終わってしまった。。。

それでも、今日はビューイング行けて良かったです。
この先どうなるかわからないけど、見守るだけですね。。。


とりあえず。。。明日の仕事のために目を冷やします。。。(^-^;






スポンサーサイト

skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!

追跡者 チェイサー

このドラマはKNTVの番組紹介を読んで面白そうだったので観てみました。

お話は。。。

一人娘スジョンを愛する刑事ホンソク(ソン・ヒョンジュssi)は、スジョンの交通事故の知らせを受ける。

スジョンを轢いたのは大統領選挙に出馬するカン・ドンユン(キム・サンジュン ssi)の妻 ソ・ジス(キム・ソンリョンssi)だった。
車に同乗していた歌手のPKジュン(イ・ヨンウssi)はスジョンの口から事故が発覚するのを恐れ、まだ生きているスジョンを2度轢いて逃走する。
病院に運ばれ親友の医師チャンミン(チェ・ジュニョンssi)の処置ににより、一命を取り留めるもスジョンの容態は急変し死亡してしまう。

スジョンの死の解明に乗り出したホンソクは苦難の連続を強いられる。
権力を持つ人間に翻弄されながらも、自分を信じてくれる同僚に裏切られつつ、力になってくれる人々に助けてもらい、真実をあばきだしていく。。。


とにかくねぇ。。。
政治家や財閥のような経済力を持つ資産家ってみんなこんなに悪党ばっかりなんですか?って思いたくなります(^-^;
貧乏人や正直者はバカをみるのか?!なんてね。

とにかく、ホンソクを演じたヒョンジュssiが(・∀・)イイ!!

201206060957771004_1.jpg

スジョンのパパだから。。パパとして俺は約束を守らなきゃいけないんだ。その一心で見えない大きな相手にぶつかっていきます。
法律によって娘を汚されてしまいしまい、悪を正にすり替えられたこといよって法律を信じられなくなったホンソク。
法廷シーンが何回か出てくるんですが、そのやりとりを見ているといろんな駆け引きみたいなものがあるんだなと感じずにはいられませんでした。

ちなみに、ホンソクは大統領候補のドンユンにやり込められるんですが、来年から始まるユチョンが主演のドラマ「スリーデイズ」では大統領役でご出演が決まったそうで。。(笑)
いろんな意味で次回作が楽しみです(*^^*)

そして、いろんな作品で渋い演技を見せる強力1班長役のカン・シニルssi。

imagesCAI37GF7.jpg

ホンソクを助けたいのに家族のことを考えると。。。その葛藤がよく伝わってきました。
もうね、この俳優さん大好きです。
班長だったり、本部長だったり、課長だったり、本当に良いところでナイスアシストするんですよねぇ(笑)

そして、謎の(?)ペ常務を演じた大谷亮平さん。

mAKR20110208050600005_01_i.jpg

あんまりセリフはないんだけど、命じられたまま汚い仕事を一手に引き受ける冷たい雰囲気を持った役柄でした。
イケメンですよねぇ。。ヾ(゚Д゚ )ォィォィ
パッと見たとき、竹野内豊さんに見えてΣ(゚д゚;)エッとびっくりしました。
韓国でのますますのご活躍を期待します。

全16話のうち、胸が苦しくなる内容が12話くらい続きますが、やはり悪いことをしたら暴かれるという展開になります。
ついつい感情移入してみてしまうためドンユンと秘書のシン・ヘラに殺意さえ(!)覚えながら、毎週ワクワクしながら見ました。

予想以上に面白かったです。

人気があるからといって、ダラダラ話を継ぎ足すものに比べたら、こういう作品はスッキリとまとまっていて良かったと思いました。←あくまでも個人的な感想です。

残念ながら、まだこちらではOSTとシナリオ集しか発売されていないようです。
地上波で放送される機会があったら、ぜひ♪(^^)










skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!

ただ君だけ

ソ・ジソプssiとハン・ヒョジュちゃんが主演の映画で、韓国では2011年に公開されました。



暗い過去を持った元ボクサーのチョルミンと交通事故で視力をほぼ失ったジョンファの恋のお話です。



。。。ざっくりすぎますか?(笑)



どちらも好きな俳優さんなので、見てて爽やかだし、二人が惹かれていく様子もとても良かったです。
が、彼女の目の手術費用のためタイの闇試合(?)に向かうところと、彼女の視力を失うことになった事故の原因などはちょっと無理があるような。。。(^-^;

後から思うと、白杖を使いながら生活しているジョンファの家が階段だらけのところを登らなければならず、さらに住んでいる部屋にも急階段が。。。
さらに格闘シーンがあまりにも強烈で。。。
静と動のギャップ、といえばそうなのかもしれないけど、ちょっと正視できなくて格闘シーンは飛ばしました(^-^;

ま、何はともあれヒョジュちゃんが可愛い!それだけですね(笑)

ちなみに、チョルミンがジョンファを背負って登る階段は「華麗なる遺産」でハルモニが落ちたあの花階段でしたね。
ヒョジュちゃん、お里帰りでした(爆)

504.jpg
ちなみに、コレは2年前のドラマツアーで訪れた時の写真です。

ユチョンも来てましたね~。
いろんな作品に度々登場してるんですね(^^)

チョルミンの後輩で他のジムに寝返った悪役の俳優さん、どこかで見たことあるなぁと思ったら、
メイクィーンのイルムンを演じていたユン・ジョンファssiでした。

202.jpg

さわやかな二枚目ですが、どちらの作品も悪役でした。
眼光がするどかったのでハマリ役だったんでしょうか。
今度はラブコメとかで見てみたいです(^^)

ジソプssiはよ~~~く見るとイケメンではないんですが(ジソプさんファンの方ごめんなさい)
その時その時の役が格好良く見えて好きです。
見損なった「ある会社員」を早く観たいです。。。








skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!

TENインターナショナル ~ TEN2

ヨ・ジフン(チュ・サンウクssi)率いるTEN(検挙率10%未満の凶悪な未解決事件を担当する特殊事件捜査班)の活躍(?)を描いた刑事ものドラマです。

TENとTEN2があるんですが、この度Mnetで続けて放送したので観てみました。

まずこのお話の冒頭は。。。

半裸の状態で爪をはがされ、指紋も消され顔にテープをぐるぐる巻かれ残忍に殺害された女の死体が見つかる。
警察教育院教授ヨ・ジフンはこの事件現場を見て7年前の連続殺人事件との類似点を見つける。
青色テープで顔をぐるぐる巻いた後、窒死させる方法は7年前テープ巻きの事件と似ているが
被害者ソ・ウンビと失踪申告されたキム・ウニョンの顔が驚くべきな位にまったく同じであることで事件は複雑に。
同じ頃、他の事件を追っていたプロファイラーのナム・イェリ(チョ・アンssi)ベテラン刑事ペク・ドシク(キム・サンホssi)、推理力バツグンの新米刑事パク・ミンホ(チェ・ウシクssi)がジフンと同じ犯人を追っていることがわかり、この4人で事件解決へと進んでいくが。。。


最初の3話くらいまでこのテープ巻殺人を追うんですが、もう頭がこんがらがります(笑)
推理ものでは禁じ手の「双子もの」なので、お話が2転3転して「だから、どっち?!」と何度か戻って見返しました。
それでも、なんかスッキリしないまま終わりました(^-^;
私の理解力が乏しいだけですね。

その後は本格的にチームTENとして様々な事件を解決していくんですが、そのところどころに登場するのが『F』。
ジフンがずーっと調べ続けている捜査資料に必ずある『F』。
TENの後半にはこの4人がFを中心に会うべくして会っていた、という伏線も貼られているんですが。。。


Fとは?Fって誰?


そして、「ヽ(  ̄д ̄;)ノ エー!?」ってところで終わります(爆)


テロップには「シーズン2でお会いしましょう」って出ますから。。。


だったら、続けて放送せんかいっ!( ̄- ̄メ)

そんなモヤモヤを抱えつつ、TEN2へと進みました。。

余談ですが、このドラマをいち早くご覧になったかたのブログを読むと、TEN2までけっこう間が空いたそうですね。
なので、「続けてみるのがベスト」だそうです。

そんなベスト状態で(笑)TEN2を見てみると。。。

(-ω-;)ウーン。。。どこまで書いて良いのかわかりません。。。

まずは『F』のことと、これがきっかけでTENを離れていたドシクとジフンの心の葛藤が描かれます。
ただ。。。最終的には不完全燃焼で終わり、他の事件に変わってしまいました(^-^;

いろんな事件が起こりその謎を解き明かす過程は面白かったですが、そんなに斬新ってことでもなかったです。
ただ、韓国ではこういったお話をどこかのリメイクじゃなくて一から作るのが珍しいのならすごいかな、と。
それゆえ、いろんな賞もももらったようですね。。。

あとは、新米刑事を演じたウシクssi。
私の中ではやっぱり「屋寝部屋の皇太子の黄色ジャージ」です(笑)

up_1674293_pc.jpg
なんか可愛いな(^^)
もうちょっとミノ役のウシクくんを見ていたかったです。

そしてやっぱりドシクを演じたサンホssiが(・∀・)イイ!!

47cb372a73d01608eb170c196c03c155_400.jpg
シティハンターや検事プリンセスでもお見かけしてました(^^)

ミノを想って泣くシーンは、がっつりもらい泣きしました(笑)


事件現場のシーンとかはちょっとナマナマしい部分もあるので、夜中の視聴には向いてないかも(笑)
でも、久しぶりに次回が楽しみなドラマでした(^^)


skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!

Dr.JIN 日本版

ジェジュンがご出演ということで観ました。
あ、ちなみに私が観たのはDATVで放送された日本版のほうなんですが、職場のジェジュペンさんの話だと韓国版では主人公の恋人ミナが妹の設定になっているとか。

うんうん。。。確かにそうでしたね。。では、まずあらすじから。。。


ジン・ヒョク(ソン・スンホンssi)は腕の良い外科医。
ある日妹のミナが交通事故に遭い手術を執刀している最中に原因不明の頭痛に襲われる。
なんとかミナの命はとり止めたが意識は回復せず心配するジンは、院内をうろつく謎の患者を見かけ不審に思って追いかけるうち、屋上から落ちてしまうがなぜか朝鮮時代にタイムスリップしてしまう。

何が起きたのかわからないうちに追われる身となり逃げまわるなか、町でミナに瓜二つの女性ヨンレを見かける。
しかし、ヨンレはジンを追う官軍の武官ギョンタクの許嫁だった。
結局捕らわれることとなり、処刑されそうになった時にギョンタクの父で左議政ビョンヒの命を救い、釈放されることに。
さらに現代医学の知識を駆使し、当時にはできなかったペニシリンを作ったり、手術をするなど様々な人々の病を治し人々の信頼を得ていく・・・

実は日本で有名になったJINも見ていないσ(-_-)ワタシには、全くの予備知識もなく、そして歴史にも疎いのでなんともチンプンカンプンは内容でした。。(^-^;

これが韓国の歴史を少しでもかじっていたら、「あ、この人が後の○×なんだ。。」なんて思ったんでしょうけどね。。
基本的に時代劇が苦手で見ないのもあるんですが、このドラマは見続けるのが苦痛でした。
まず、手術シーンが生々しい(-_-;)
ちょっとボカすなどの若干の措置はありましたが、それにしても生々しい。
コレラが蔓延して人々が吐くシーンも、「お食事中の方、ごめんなさい」ってくらいです。

お話の中心はJINがなぜこの世界に来たのか、ということかと思ってたんですが、政治権力の争いで足の引っ張り合いや嫌がらせの数々が目立ったような気がするのは私だけでしょうか。。。
こんなことばかりが朝鮮時代の歴史ではないと思いますが、そういう時代背景の時にタイムスリップしてしまった、ということなんですよね、きっと。
その権力争いにJINの医術が絡んでくるのがポイントだったのかな。。。


とにかく権力争いの合間に脳腫瘍とか、乳がんとか急を要するいろんな手術をするんですが、患者の術後の回復力のすごさといったら。。。(笑)
そういうところはお話には関係なく「朝鮮時代にこんな外科手術をした」ということだけなんですね、きっと。

本当に、ジェジュンが出てなかったら途中で断念してました。
出演している俳優さんたちは好きな人が多かっただけに本当に残念。
それに日本版はどうやらカットが多かったみたいで、それも不完全燃焼の理由の一つかも。
ミナを妹で終わらす苦肉の策が取られてましたから。。

なんかちょっと否定的な感想になってしまって、このドラマが大好きな方にとっては嫌な気持ちになる記事なってしまいました。。。スミマセン。。。(-_-;)












skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!

11月のひとりごと

今年も残すところわずか。。。そろそろ年賀状の準備をしなければ。

いつものように韓国ドラマを観て、バラエティーを観て、韓国語の勉強をして、仕事をして、家事をする日々です。。。(家事が一番最後。。。(笑))

最近は見たい番組が目白押しで消化するのも大変。
欲張る自分が悪いんですけどね。。。(^-^;

ハングルの勉強もいつもどおり続けてるんですが、一昨日のレッスンの最後に今までで一番デカイ宿題爆弾を投下されてしまいまして。
1ページの文章を全て暗記せよ、とのことでした。。。。

一応頑張ってみます、とは言ったものの。。。やみくもにやっても覚えられないのでまずは翻訳から、とやってみたんですがあまりの長さにやっぱり無理だと悟りました。

っていうか、暗記の宿題自体がかなりの負担。
内容的には短い時もあれば長い時もある。
それらは別として、「覚えなければいけない」ということ自体に負担を通り越して不満を感じるようになっていたんです。

宿題だからちゃんとやらなきゃ、というA型の悪いクセがここで裏目に出たようです(笑)

だって。。。


韓国のドラマや映画を字幕なしで見られて、韓国語で会話もできたら嬉しいなと思って今まで続けてきましたが、これってあくまでも「趣味の範囲」なんですよねぇ。。。
ネイティブのように、なんて、これっぽっちも思ってませんから。。(^-^;

別に来年から韓国に移住しなきゃならない、とか、必要に駆られているわけでもないし、ハングルの勉強で苦労する必要はないじゃないか、と。
仕事中にまでハングルのこと考えてるなんて本末転倒。

なんだかこのままじゃ勉強が嫌いになりそうだったので、先生に自分の気持ちを伝えて暗記はもうできないのでやめてくれとお願いしました。

それに対して、先生もきちんと受け止めてくれて今後は暗記はナシにしてくれました(´▽`) ホッ

先生としては私がいつもちゃんと覚えてくるから、負担なんか感じてないと思ってたそうです。
こういうことは、やっぱりきちんと言わなきゃ伝わらないですね。

覚えられないけど、スラスラとまではいかなくても読む練習はしっかりとするつもりです。

ということで、勉強は細く長く(?)楽しくまったり続けていこうと思うのでした。。。



そして。




私は東方神起のファンクラブ(Bigeast)に入ってるんですが、
昨日アンケートのお願いのメールが届きまして。
以下、抜粋してその文章を転載します。




Bigeastのみなさん、こんばんは!

いつもSMアーティストを応援いただき、誠にありがとうございます。
このたび、エスエム・エンタテインメント・ジャパン所属アーティストの活動、
並びにより良いファンクラブ運営、そして更なるサービス向上を目指し、
主に現在日本での活動があるアーティストに特化したアンケート調査を実施させて頂きます。

簡単なアンケートへのご回答にご協力をお願い致します。

そして、今回アンケートにご回答頂いた方の中より抽選で500名様に
SMアーティストの “オリジナルICカードステッカー” をプレゼントさせて頂きます。
皆様のご協力をお願い致します。

なお、サイト内の注意事項をお読みになった上でご回答くださいますよう、お願いいたします。

※株式会社エスエム・エンタテインメント・ジャパン及び株式会社ボードウォークが実施する
アンケートとなります。
リンク先は、エイベックス・マーケティング株式会社及びBigeastとは
関係ございません。




なんですかね?これは。



私は東方神起のファンではありますが、SMエンタは好きじゃないです。
会員番号を入力してアンケートに答えたとして、好きでもなく、見たこともないアイドルのステッカーが抽選で当たったとしても全く嬉しくありませんけど。。。


しかも、Bigeastとは全く関係ないなら答える必要もなく。。。
SMに個人情報を盗まれても自己責任で、って言ってるようにも取れますよね。


仮想国家MUSIC NATION SMTOWNの国民になるつもりももちろんありませんが、なんか呆れます。。。


なんかすごく不愉快な気分になりました。。。




が。




5日に韓国で行われた東方神起のファンミーティングの記事を読んでちょっとテンション上がりました。


だっていきなり「SHE」を歌っての登場だってんだから。。。(*ё_ё*)
大好きなんですよ。。。この曲。
ぜひ聴いてみたくて早速YouTubeで探したらありました。
(ここには貼り付けませんので、検索してみてくださいね)

セットリストを見たら「B.U.T」(韓国語ver.)もあったようで、そちらもぜひ聴いてみたいです。

そしてカシオペアの皆さんが楽しい時間を過ごせたようで良かったです(^^)


そんなトンバンシンギさんも。。。。SMエンタなんですよねぇ。。。←結局、元に戻る。。。ε=( ̄。 ̄;)フゥ



さ、今夜の神話放送に向けて、家事と入浴を済まさねば。。♪





skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!

野王

お久しぶりでございます。
先月の今頃は韓国にいたんだなぁ。。( ̄-  ̄ )

気がつけば半月以上も更新してませんでした。。。(^-^;

ではでは、気を取り直してユノが出演した『野王』の感想を。。。


特別検査補であるハリュ(クォン・サンウssi)が率いる捜査官たちが青瓦台で大統領夫人であるダヘ(スエssi)と対峙し、ダヘが金庫から出した拳銃を取り合う途中で発砲。
撃たれたのはどちらなのか。。。そして物語は数十年前に遡ります。

孤児院で知り合ったダヘとハリュ。
幼い頃に母の再婚で養父のもとに引き取られていったあとは音信不通になるも、あることがきっかけで再会した二人。

大学に合格したダヘ。これから新しい生活が始まることに気持ちが高鳴っていた矢先、養父が現れる。
実は養父は実の娘ではないダヘに暴行を繰り返していたため、逃げ惑う途中、弾みで養父を殺してしまう。
自首するというダヘを止めたハリュ。そして身代わりになる決意をする。
ここから人生の歯車が狂っていく。。。

ダヘを心から愛するハリュはの学費を稼ぐため、彼女には内緒でホストになる。
それから数年後、籍は入れていないものの夫婦同然の生活を送る二人のあいだには可愛い娘ウンビョルも誕生。
一流企業であるペクハクグループに就職が決まったダヘ。
そして偶然出会ったペクハクグループの御曹司ドフン(チョン・ユノssi)に好かれたことがきっかけで、彼女の「成功したい」気持ちに拍車がかかり、ハリュを捨てる。

邪魔になったハリュを義父殺人の犯人に仕立て上げ刑務所へ送ることにしたダヘ。
刑務所で事の全てを知り、ウンビョルも失ったハリュはダヘへの復讐を誓う。。。


(-ω-;)ウーン やっぱりあらすじを書くのは難しい。。。


クォン・サンウssiは双子の兄ジェウンとハリュの二役なんですが、冒頭のシーンはどう見ても検察官っぽいけど話が遡るとホストとかやってるし、何がどうなってるの?と思いながら見てたんですが、それも段階を踏んで描かれていて面白かったです。

それにしてもねぇ。。。


ダヘはかなりのナップンヨジャ(悪い女)でしたな。。。
嘘に嘘を重ねるのは「ミス・リプリー」に似てるんですが、あれとは雲泥の差。
悪知恵が働くしとにかく手段を選ばないし、人の命をなんだと思ってるんだ!って感じです。
ダヘのせいで人生が狂わされていく人がいっぱい出てきて、見ているうちに


ちょっとそこどいて~~~~~~アタシがダヘを殺してやるぅ~~~と言いたくなります(笑)

ユノはドフンの役、合ってたと思います(^^)
最初は甘いお坊ちゃんって感じから、ダヘを守るんだ!という男らしい雰囲気になり、
真実を知って涙を流すシーンではグッときてもらい泣きしそうになりました。
前回の主演ドラマのときに演技のことでいろいろ言われたりもしたようですが、
このドフン役のユノ、私好きです。


最近見ているドラマでお見かけしている俳優さんも多く、私がキレイだなぁ。。といつも思うのがドフンの姉役を演じたキム・ソンリョンssi。

o0430053912318059678.jpg

キレですねぇ。。ホント。私よりも年上に見えない。。(^-^;

イルジメの「愛しのタン」、「イケメンですね」のグンソクssiの母親役、今見ている「追跡者」でも大統領候補の妻役で見てますが、どれも美しい高貴(?)な感じの役が多いですね。
あ、ジェジュンの「ジャッカル」でチューしてたのもこの方でしたね。
キツイ役ばかりだけど、なぜかこの女優さんだけは嫌いにならないから不思議です。好みの問題ですね(笑)

ドラマのDVDの日本語版はまだ発売されてないようですね。
先日、映画版が公開されたからでしょうか。。。


この作品の脚本家の方が脚本家協会から除名されたというニュースがありましたね。

韓国放送作家協会はイ・ヒミョンが執筆した『野王』が、先に作られた他の作品の台本を盗作して原作者の著作権を侵害したと判断して結局除名という措置をとった。
(innnolifeニュースから一部抜粋)


ユチョンの「屋寝部屋の皇太子」も手がけた方らしいのでなんだか残念です。


っていうか。。。ライブや空港での盗撮や音楽のパクリになんの規制も無いイメージの韓国芸能界で、ちゃんとこういう措置が取られるんだ。。。とビックリでもありました。。。(笑)








skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。