あじゅんまのひとりごと

韓国ドラマにハマったσ(-_-)の独り言。 ドラマの感想・東方神起・韓国語のことなどを細々と綴ってます。7ヶ月ぶりに戻ってきました(^^;; 相変わらずの不定期更新ですがよろしくお願いします。

06月≪ 07月/12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月
BLOGTOP » ARCHIVE … 2015年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!

カフェ・ソウル

これは日本映画。。。いや、日韓合作になるんでしょうか?
日本では2009年に公開された韓国の伝統菓子店を舞台にしたお話で、2010年に韓国でも公開されたそうです。

私の大好きな『宮』ではユル王子でお馴染みのジョンフンくんがご出演ってことでずっと気になってた映画です。
スカパーの契約チャンネルで放送になったので観てみました(^^)

ソウルの片隅にひっそりと営業している伝統菓子店「牡丹堂」。
雑誌記者の井坂順(斎藤工くん)が偶然見つけたその店で、日本語堪能なヤンおばさん(チョン・スギョンssi)と店主のサンウ(チェ・ソンミンssi)と出会う。
サンウひとりで伝統の味を守ってきたようだが、牡丹堂は立ち退きを迫られていた。
執拗な立ち退き工作でサンウが腕をケガしてしまうが、サンウの弟でギタリストを夢見て家出していたサンヒョク(ジョンフンくん)が戻ってくる。

その昔、日本で和菓子屋を営んでいた父のことを思い出した順と、心を入れ替えたサンヒョクが牡丹堂の看板を守るために協力していく二人の姿を通して、家族の絆や古き良きものを守る大切さを問う作品。。。。

こんな感じでどうでしょう?(^-^;

舞台がソウルなだけに、セリフの80%は韓国語(字幕付き)でした。
ヤンおばさんは、なかなか流暢に日本語を話します(笑)
韓国に取材に行くんなら、もうちょっと言葉の勉強しててもいいんじゃない?と思わせる順と、なぜか日本語を理解するサンヒョクとの絡みも見所です(笑)

ひとことで言うと。。。「イイお話」です。

親子で観たい映画ってかんじかな~。
もうね、展開が読める読める。。(笑)
それは私が韓国ドラマをちょっと観てて慣れてるからでしょうか?

展開が読めるだけに、安心して観ていられるってのが良いところかな。

私はジョンフンくん目当てで見たんですが、斎藤工くんのファンの方から見るとどんな風に感じるのかな。
冒頭のジョンフンくんはなまらカッコイイですΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
他にも有名どころの俳優さん出てきてます(^^)

韓国の伝統菓子を食べる機会がなかったのでちょっと新鮮でしたが、もっといろいろなお菓子が見たかったなぁ。
次の訪韓のときには「街のお菓子屋さん」とかも覗いてみたくなる作品でした(^^)



スポンサーサイト

skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!

キルミー・ヒールミー

チソンssiが多重人格者の役で、韓国でも人気があったという作品ですね(^^)
『秘密』で共演したファン・ジョンウムssiと再タッグです♪

財閥3世で多重人格障害を持つチャ・ドヒョン(チソンssi)と彼の秘密の主治医になったレジデント1年目の精神科医のオ・リジン(ファン・ジョンウムssi)のラブコメ。。。でいいのかな(^-^;
権力争い、出生の秘密は出てきます(笑)
そして気になる部分は、なぜドヒョンは多重人格になったのか?というところです。
一見、暗くなりがちな題材ではありますが、それを感じさせないストーリーの面白さとキャラクターの良さがこのドラマの魅力だったのかな~と思います。
特にリジンの家族のくだりは、いつも(・m・ )クスッとできてほっこりできる場面でした(^^)
そして、それぞれの人格も愛すべきキャラばかりなんですよ~♪

images2X1WDEEN.jpg
コレが基本形?のドヒョン。爽やかな好青年。

imagesSRHPZLDJ.jpg
暴力的で俺様な危険な男、シン・セギ。

images6RIB1FQO.jpg
酒好きな爆弾男、フェリー・パク。

imagesETOJ8G3Y.jpg
寡黙な自殺願望者、アン・ヨソプ。

images1FGQB33V.jpg
ヨソプの双子の妹でイマドキの高校生、アン・ヨナ。

imagesSWCQJT34.jpg
そしてミスターX。

個人的にはヨナが好きです( ̄ー ̄)

チソンssiの


おっぱぁ~~~~~~~♪(≧∇≦)


ってところは、もう。。。女の子にしか見えない(笑)


セギも序盤はムカムカして、ハラハラするんだけど。。。だんだん可愛く見えてくる。。。(笑)
それは基本形のドヒョンの純粋さゆえなんでしょうか。。。

話が進んでいくと、それぞれがなぜその名前なのかというのも明らかになっていって
「そうだったんだ!( ´・∀・`)」と思うこと多数。

いろんな人格が出て去ったあと「(今の僕は)チャ・ドヒョンです」ってしょっちゅう出てくるんですが、これにも意味があったのかなぁ。。。と思えるような展開になります。。。
ジョンウムssiも相変わらずの安定した演技。
この女優さんの涙の演技はすごいなぁといつも思います。。。

とにかく面白かったです♪
ぶっちゃけ、あんまりチソンssiって好きな俳優さんじゃなかったんです。。。(^-^;
それは今まで見たドラマの役割が私好みではなかった、というだけですけどね。

でも、これで大好きな俳優さんに急浮上!←本人には迷惑ですね(笑)

笑いあり、涙あり、謎解きもありで、オススメドラマのひとつになりました~♪


skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。