あじゅんまのひとりごと

韓国ドラマにハマったσ(-_-)の独り言。 ドラマの感想・東方神起・韓国語のことなどを細々と綴ってます。7ヶ月ぶりに戻ってきました(^^;; 相変わらずの不定期更新ですがよろしくお願いします。

10月≪ 11月/123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … パパは女の人が好きBLOGTOP » 韓国映画 » TITLE … パパは女の人が好き

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!

パパは女の人が好き

イ・ナヨンssiが性転換手術をした男性を演じたということで、見てみたかった作品です。


人気女性写真作家ソン・ジヒョン(イ・ナヨンssi)のもとに実のパパを探しに家を訪ねてきた少年ユビン。
そんなはずはないと思うが、ユビンが見せたママの写真。
それはまだ男性だったジヒョンが医大生だった頃、一度だけ酔った勢いで一夜を共にしたボヨンだった。
まさか目の前の『女性』がパパだとはいえず『おばさん』として接し、その後、かつらと付け髭で変装をしたジヒョンとユビンの不思議な生活。。。

本当に自分の子どもなのか?!とDNA鑑定も受け、結果が出るまでの間なんとかパパを演じるジヒョン。
しかし自分に想いを寄せ、ジヒョン自身も恋心を抱く相手ジュンソに知られないようジヒョンの二重生活が始まるが、ユビンの行方がわからなくなったことで母ボヨンと義父が捜索願を出したことから。。。


あんまり書くとネタバレになっちゃいますね(^-^;


ナヨンssiがあまりにもキレイで性同一性障害の元男性という設定にかなり無理があったし、そういうことが前もってわかってないとしばらく話の展開が読めないような気がしました。

ある日突然、隠し子(?)が訪ねてきたという場合は、その存在を隠したりしてドタバタな展開になったりするんですが、それらに共通するのは「本当に自分の子なのか?」という気持ちがあるからだと思うんですが、
ジヒョンはユビンとのある共通点から、かなり早い段階であっさりと我が子だと認めます(笑)


結末は予想通りなので安心して見れましたが、ひとつ気になる点が。


ハングルの先生方(女性男性問わず)との雑談の中で、韓国では同性愛や性同一性障害は、頭では理解しているものの、それを受け入れる状況がまだまだ少ないと聞きました。
それが本当なら、デリケートな部分を題材にしたんだなぁ。。って。

そういう意味では、家族愛の部分を押した内容なのかなと思いました。


スポンサーサイト

skypeで気軽にオンライン韓国語レッスン!スラスラ韓国語!

*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。